検針配送管理ソフト

実際の顧客データを入力する前に、以下の流れを、お薦めします。
  1. サンプルデータを使って、一通り使い方を確認。
  2. サンプルデータを削除。(削除方法
  3. 実際の顧客データを入力。

顧客は0000 番台、1000 番台、... 9000 番台とグループに分け、各グループは、同じ日に検針する
顧客で構成してください。
顧客番号は、検針の順につけるとハンディで便利が良い設計になっています。
3010、3020、3030 のように10 おきに検針の順につけると新規に顧客が増えたときに、3025 など
割り込ませることができ、およその検針順を維持できます。

大抵の機能は分かると思いますので、説明が必要と思える部分のみ解説します。